海外キャッシングに気を付けるべきこと

先ほどの記事の続きです。

現在、かなりのド田舎ではなければクレジットカードで現地通貨を下せる(外国キャッシングを使用できる)ATMはそこら中に存在しますが、詳しくない時は前もってクレジットカード会社に連絡してみると手軽に教えてくれます。

そしてカード会社のホームページからも外国キャッシングについての解説を聞くことができるのです。

  • 本当は外貨預金よりもお得かも…

外国で現地通貨をおろすやりかたとしては、日本で外貨預金を予めしておいて旅先で引き出して利用するというやり方もあります。

でも、おろす時の利用に発生する手間賃だけではなく、銀行によっては外貨預金を外国で引出しできないところも存在します。

しかも、使用できるATMもクレジットカードよりの少量なのも欠点となりますし、USDでしか引出しできないというケースが大半なので、アメリカではない場合の国へ出かける際にはUSDからさらに現地通貨へ両替しなければならない事も発生してきてしまうのです。

そなってしまうと手間賃がどんどん増えていってしまうでしょう。

 

  • 両替や外国での預金引き出しよりもお得に

現地通貨を入手するには、日本円を現地で調達したり、日本の銀行の国際キャッシュカードを使用して現地で現金おろすことも可能です。

しかしたくさんの書籍やホームページで書かれているのですが、このケースも手間賃が発生し、レートが非常に悪化します。

反対のクレジットカードが存在すると、発生する手間賃が何重に重なることはありません。

発生してくるのは下す時のATM利用料と金利のみです。

面倒がかからないためスマートにお金をおろすことが出来るのです。

  • 金利は通常のキャッシング同様

外国キャッシングに発生する金利は、普通のキャッシングと同じように、大体20%未満となっています。

帰国してすぐにまとめて返してしまえば金利の重荷も一番少なく食い止めるとこが可能。

これで一番お買い得となるのです。

外国キャッシングで使用したものは早急に返してしまうのがおすすめです。

もしも、外国で現地通貨をおろしたとしても、帰ってからの返済は日本円に計算された金額となっているのでほっとできます。

帰ってきたら早急にクレジットカードに記載されているの電話番号に電話をかけて、オペレーターに返す金額を問い合わせてみましょう。

 

クレジットカードでの外国キャッシングは、単純に現地通貨の利用ができるしそして安心であるという所においてはでかい利点と言っていいでしょう。

 

福岡県柳川市の介護サービス情報

 


sponserdlink誘導バナー


sponserdlink

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


関連サイト記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ