キャッシングでのローン審査のスコアリングとは?

既に知っている方は知っているかと思われますが、クレジットカードやカードローンの審査はスコアリングにより規定の条件に達しているかどうかで審査合格の可否が決定されます。

年収+勤務先の安定性+勤続年数

スコアリングの基準は申し込んだ人の年収としている企業の安全性、それから勤続年数が絡みます。

これらの項目は安定していることの証拠ともなるべき所なんで、スコアリングに関しては一番審査される点となるのです。

 

  • 収入の安定=支払い能力が高いではありません

審査につきましては稼ぎの良さは必ず影響を起こしますが、稼ぎがしっかりしていても返済実行力が出来ていなければスコアリングにも関係を及ぼします。

返済の実行力は全然欠点では無いのに、他の業者の返済状況に遅れがあったりすれば「支払いに対する注意力がない」という審査がされてしまいます。

しかも、延長などがなくても他の業者からの借入件数がたくさんあるとスコアリングに関係してきます。

 

キャッシングで他に影響するものとは

 

  • 同じ年齢でも子供がいるかどうかで影響する

調査ではあなた年齢も若干影響します。

一番調査に受かりやすいのは稼ぎしっかりしているかなり労働が可能な世代ということになりますが、年齢が同様でも未婚者の方がスコアリングは高リスクになります。

反対に、養育費のコストなどが懸念されるケースは、フリーになる金額が最少とみなされてしまうのです。

しかしですよ、年齢や家族の内容などの所はあくまでも調査対象の項目であるケースがほとんどなようです。

  • スコアリングが悪くても逆転できる可能性がある

スコアリングではケースによっては相性が合わずしてマイナスとなってしまうケースも存在します。

スコアリングがかなり引かれてしまうとなると調査など通らないしできないと考えてしまうでしょうが、本当はそれを見事に覆すことだって可能です。

こういうのを、「自社利用実績」といいます。

例に例えると信販会社のカードローンを申請したとします。

スコアリングでは過小評価、本当なら審査不通過の結果だった場合。

でも、カードローンを申請する前からその信販会社のクレジットカードを使用していて、返済の歴もしっかりできていたケースは、その実力を認められて調査に合格できることも可能です。

他社の利用成績がいくらよくても、自社使用成績が、認められらけなければ調査合格は不可能。

他社の使用状況はどちらかというと悪い事を収取し裁き処置しているのです。


sponserdlink誘導バナー


sponserdlink

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


関連サイト記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ