意外、キャッシングは日本人3人に一人が行っている

  • 貸付制度のない企業だった場合

社員貸付制度を制定している企業は、国内全部の企業数から思えば全然ほんの一部にしかすぎません。

大体の企業は貸付制度と言うものは設定していないことになります。

でも、貸付制度を設定していなくても、会社に打ち明けることでお金を借りれることが可能なパターンも存在します。

しかしそのためには会社側からあるくらいの信用を持っていなければならいでしょうし、打ち明けても貸してくれるワケではありません。

とは言ってみたものの、一人に打ち明けることで貸付をしてくれる企業があることもまた本当の話です。

どちらからも借入が不可能だからといってヤミ金などへ手を付けてしまう前に、まず御社に打ち明けてみるというのもひとつのチョイスと言えるでしょう。

 

  • 借金は恥ずかしいものではありません

 

借金というとどうしても悪いイメージが付きまとってしまうのですが、どうして借金をするのかと言うと「お金が必要だから」という答え一択です。

でも、お金を借りる時にどこかで罪悪感を覚えたり、借金することそのものに恐怖を感じてしまう人もたくさんいらっしゃるはずです。

 

  • でも実際はたくさんの人が借金している

借金を行うと、何も犯罪をしているわけではないのにどこか周りの目線が目についてしまうものです。

少し気の臆病な人であれば、消費者金融の無人契約機で借入を行うだけでも「知り合いに見つかったんじゃないか?」とおどおどしてしまう人もいるくらいです。

でも、「借金」という理由で言えば、世界のほとんどの人が借金を経験しているのです。

住宅ローンだったり、自動車のローン、教育ローン、クレジットカードとか色々。

こんな例を挙げてたらキリがないほどです。

借金のレパートリーにもいっぱいあるんですよ。

言い方を変えてみると、この世界は社会人が借金することを想定して動いているのです。

借金の理由はどうとあれ、本当は借金すること自体が当然の時代になっていることが理解できますでしょうか?

銀行のATMを使用するにしても、本当は貯金を引き出すのではなく、クレジットカードでキャッシングしている方だっていっぱいいるくらいなんですから。

 

  • 実は国民の3人に1人がキャッシング!?

じゃあ、実の所どんくらいの人が借金を経験しているかと言えば、平成25年3月時点のデータだと4,000万件近い貸付件数が存在します。

貸付残高は7兆円近くを記録し、1人あたりに換算すると18万円ほどの借金がある計算となっています。

要するに、国民の3人1人は何らかの借金を追っているという事。


sponserdlink誘導バナー


sponserdlink

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


関連サイト記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ