キャッシングの返済遅れが許される『正当な理由』って?

『給料日まで待って下さい』

と言われてしまったら、

私達は『待てない』と言うことはできません。

 

ですが、正当な理由があった場合でも、

1ヶ月以上先の日付を指定された場合、

お断りするケースもあります。

 

加えて、1ヶ月以内の日付を指定された場合でも、

正当な理由が特にないケースでは

お断りさせていただいています。

 

お客さんが日付の指定をされた時に、

私達は、

『その日に何かしら収入の見込みがあるのでしょうか?』

とお伺いして、

特に理由が無いということであれば、

『お待ちできません』とお断りすることができます。

 

Q.『旅行中で支払えない』というケースは、正当な理由として含まれますか?

A.業者側の解釈によります。

そもそも正当な理由という言葉は法律上の言い方で、

その解釈についてかなり曖昧で、自由です。

 

A社の解釈では、旅行、あるいは海外出張については、

正当な理由として含まれます。

 

初期延滞の場合であれば、

旅行なら『お気をつけて』と言って終わりますが、

旅行という理由で待てるのは

返済日翌日から1週間ほどです。

 

Q.キャッシングの取り立ての電話では、いくら返済するのか、ということも確認されるのでしょうか?

A.します。

返済日を過ぎた場合、

元々の返済額にプラスして延滞損害金が発生します。

 

DVDのレンタルショップの延滞料金と同じですね。

 

この遅延損害金については、

1日毎に発生するものですから、

返済が遅れた日数によって金額が変動することとなります。

 

その為、返済予定日の約束を取り付けた時点で、

その日付までに発生する遅延損害金を計算して、

元々の返済額に、

遅延損害金をプラスした金額をお客さんに案内します。

 

Q.キャッシングの返済方法についても確認されるのでしょうか?

A.します。

キャッシングの返済方法として、

メーンは店頭、ATM、銀行振込みの三種類となり、

このいずれの方法で支払いを行うか、

ということについても確認を取ります。

 

ATMで返済する場合には

1,000円単位でなければなりませんから、

もし返済額プラス遅延損害金で端数が、

例えば13,670円だったとすると、

ATMに振り込む場合は

14,000円入金しなければならないこととなります。

 

振込みの金額が不足していた場合には

ATMが受け付けないようになっていますから、

14,000円入れなければならないのに、

13,000円だけATMに入金しようとしても、戻ってきます。

 

Q.これだけ念入りに約束していれば、ほとんどの人がちゃんと返済してくれるのではないでしょうか。

A.そうでもありません。(苦笑)

返済日を過ぎてしまって延滞するお客さんの内、

初期延滞期間の段階、

つまり返済日翌日から10日以内に

返済をしてくれるお客さんは、70%ほどです。

 

残りの30%ほどのお客さんの返済は、

もっと遅れます。

 

 


sponserdlink誘導バナー


sponserdlink

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


関連サイト記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ