在籍確認を行わないキャッシング!プロミス利用体験談!

キャッシングの在籍確認

私は以前大手消費者金融で借り入れをした経験がありますが、当時の私は借り入れについての知識は皆無の状態でした。

金融庁によって銀行と消費者金融は管理されており、違法金利や無理な取り立てについては法律で規制されています。

キャッシングを利用するにしても、カードローンを利用するにしても、お金を借りれば利子が発生するのはごく当たり前のことです。

その為、借りる額はできるだけ減らして、返す金額も少なくしたいところです。

金利を低く抑える為には、情報収集を怠ってはなりません。

基本的にカードローンはキャッシングと比較すると低金利です。

また、借り入れする金額等にもよりますが、条件によってはさらに低金利で借りることも可能です。

ただし、借り入れを利用すれば利子が付くということに変わりはありません。

利用の際には、金利の交渉を行いましょう。

勿論金利が無くなることはありませんし、大幅に下がることもありませんが、消費者金融によっては交渉に応じて金利を下げてくれるケースもありますので、

ダメ元で交渉を持ちかけてみてください。

審査の際には利用者の職場に電話をかけて在籍確認を実施している金融会社がほとんどです。

ただし、電話確認を行わずに審査が可能な金融会社もレアケースですが存在します。

一般的には仮審査にあたって勤務先に対する電話確認がおこなわれますが、大手消費者金融として有名なプロミスとモビットの2社については、在籍確認を行わずに審査を受けることが可能です。

会社に電話をかけられたくない、という人は、これらの消費者金融に申し込むことをオススメします。

 

プロミスでキャッシングする

学生の頃からプロミスを使い続けて、今ではキャッシングの限度額は500万円となりました。

はじめの融資限度額は10万円でしたが、地道に借り入れと返済を繰り返した結果です。

金利も低いのでお気に入りです。電話のオペレーター1人をとっても、非常に丁寧な対応で、安心感があります。

アコムも悪くはないのですが、やや機械的な印象を受けますから、人間味溢れる対応のプロミスの方が個人的には気に入っています。

また、プロミスは審査申し込みをする際に、会社に対して連絡をしないようにお願いすれば、在籍確認を行わずに審査が受けられます。

私はバイクを購入する為のお金が必要で、バイトをしてコツコツ貯金していたのですが、当月中に購入しなければセールが終了して価格が上がってしまうことから、プロミスでのキャッシングに踏み切りました。

何もかも未経験で、返済方法については何回も繰り返し質問してメモを取りました。

利子や、延滞、返済方法は勿論ですが、最も気になる親に対しての連絡が行われるのか、ということも繰り返し確認しました。

結局5万円借り入れて、完済するまでは毎日ドキドキしていました。

 


sponserdlink誘導バナー


sponserdlink

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


関連サイト記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ