キャッシングの申込~手続きから契約まで

キャッシングを利用したいけどどのような手続きをすればわからないという人の為に、ここではキャッシングの申込から手続きの流れを詳しく紹介していきます。

きちんと店員に説明してもらってから契約したいという人や、契約の際にはなるべく人と会いたくないという人もいます。

また、可能な限り早い方が良いなど、条件に合わせて様々な申込の方法がありますから、それぞれ順を追って解説していきましょう。

申込の方法としては郵送や電話、無人機やインターネット等、様々なものが存在しますが、いずれも申込の際に記入することになる項目や必要書類については同じです。

申込の際に記入することになる項目について解説していきましょう。

はじめに、利用者の個人情報を記入します。

氏名や生年月日、住所、電話番号や、家族構成、住居の種類と居住年数等々・・。

また、勤務先の情報についても詳しく記入することとなります。

会社名、住所、電話番号、従業員数や在籍年数、雇用形態、年収や給料日等々・・。

加えて、希望する限度額や、現在他社から借り入れている金額や借り入れしている件数についても記入します。

詳細な情報を要求されるのは、利用者に返済能力があるかどうか、という点を正しく判断する為に必要となるからです。

収入が高い人でも、家族や家賃等出費が多い場合等、総合的な支出を判断します。

また、保険の種類から雇用形態、職種についての判断材料ともなります。

 

インターネットから申し込む場合

インターネットからの申込はとても簡単で、利用したい賃金業者のホームページにアクセスすることで、ほとんどの業者でトップページから申込のリンクに移行することができます。

利用規約や個人情報の取扱についての説明が行われ、同意を求められます。

個人信用情報機関への登録利用については、キャッシングやクレジットカードの契約を行うにあたっては必須となります。

規約に同意すると、必要事項を記入するページに移行しますので、案内に沿って入力してください。

最後に審査が行われます。賃金業者からメール、もしくは電話で確認の連絡が行われます。

勤務先に対して、賃金業者から個人名で勤務先に電話をかけて、利用者が本当に在籍しているかどうかの確認がなされます。

最短で30分程度で審査が終わり、メールもしくは電話で審査結果が伝えられます。

審査に通った場合、契約内容の詳細について説明があります。

限度額がわかるのはこのタイミングとなります。

本人確認書類の提出が要求されますので、案内に従ってFAX等で提出します。

 


sponserdlink誘導バナー


sponserdlink

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


関連サイト記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ