キャッシングが銀行の各種ローンとクレジットカードの審査に及ぼす影響

キャッシングが銀行の各種ローンとクレジットカードの審査に及ぼす影響

Q.事故情報が無いことを前提として、信用情報に完済済みのキャッシングの履歴がある場合、各種ローンの審査に影響を及ぼすことはありますか?

A.完済済みであれば基本的には問題ありません。

ですが、日常的にキャッシングを利用している形跡や、ローンの申込にあたって完済を急いだような形跡がある場合は事情を聞くこととなります。

日常的なキャッシングの利用については明確な基準は設けられていませんので、担当者の判断によります。

生活費をキャッシングで支払っていたケースでは審査には通りません。

A.例え完済済みでも、キャッシングを利用すると信用情報に最大で5年間履歴が残ります。

信用情報にキャッシングの記録があった場合、審査に多少なりとも影響することとなります。

解約済みということであれば、印象は断然良くなります。

銀行でローンを申し込むにあたっては、完済済みのキャッシングやローンは解約をしましょう。

 

キャッシング利用中にクレジットカードは作れるのか?

Q.キャッシングを利用中にクレジットカードを申し込んだ場合、その審査に影響することはありますか?

A.あります。クレジットカード会社によっても違いがありますが、総量規制の規制対象となるケースでは審査には通りません。

A.影響します。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の二種類の機能が備わっており、この内キャッシング枠には影響を及ぼすこととなります。

ショッピング枠については特に影響はありません。

他の銀行や消費者金融等の賃金業者で定められている利用限度額に、今回申し込んでいただいたキャッシング希望額をプラスすることで、年収の1/3以上の価値を超過するケースではカードを発行することは不可能です。

例えば、Aさんが消費者金融限度いっぱいの60万円のローンの契約を行っており、1円もまだ借り入れを行っていないとして、Aさんの年収を300万円と仮定すると、300万円の1/3となる100万円が賃金業者から借り入れ可能となる最高金額となります。

もしAさんがクレジットカード会社に申込を行ったとして、キャッシング枠は最大で40万円です。

Q.完済済みのキャッシングはクレジットカードの審査に影響を及ぼしますか?

A.完済しているのであれば問題ないです。

キャッシングを利用するだけで信用情報に傷が付くということはないですが、銀行の各種ローンやクレジットカードの審査の際に影響するケースもあります。

完済しているキャッシングやローンがあれば、解約しておきましょう。

 


sponserdlink誘導バナー


sponserdlink

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


関連サイト記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ