中小消費者金融会社のキャッシングの実態を徹底調査!

私は中堅消費者金融会社で5年間勤務しており、審査や取り立てといった業務全般行っていました。

また、返済が困難となったお客様の相談に応じることもありました。

日によっても異なりますが、1日のお客様の数はおおよそ数名~十数名程度です。

最もお客様が増える時期は、お金が不足する時期、つまり月末や、年末、給料日前や、週初め、週末です。

逆に火曜日、水曜日は暇な事が多かったですね。

Q.E社にご来店されるお客さんはどのようなタイプの人でしょうか?

A.他の大手消費者金融から融資を断られたようなお客様が半分以上を占めます。

3社~5社程度から既に借り入れており、業界では“汚れている人”と呼ばれる人達です。

クレジットカード会社のキャッシング枠や大手消費者金融のキャッシングで限度額いっぱいまで借りて、これ以上借りられない、といった人が来店されます。

若い人もいますが、平均すると30代~60代の方が多いと思います。

大企業の社員の方や公務員の方も稀にきますが、おおよそは中小企業勤務の方やフリーター、パートタイマーの方です。

Q.お客さんはE社のことをどこで知るのでしょうか?

A.広告や掲示板の口コミではないかと思われます。

ここに来て窓口で貸してもらえる、といった口コミの情報をご覧になって、その上でご来店されているのではないかと思います。

 

審査から融資まで

Q.申込方法はどのような形となっていますか?

A.店舗窓口は勿論のこと、インターネットや電話からでも申込が可能となっています。

現在どうなっているかはわかりませんが、特に多かったのは窓口で申し込む方ですね。

実際に、直接店舗に来て窓口で相談していただければ、多少審査が有利になる傾向にあります。

そのままではお貸しできないような人でも、積極的に話を聞きながら具体的な返済のプランを立てることで、なんとか融資することができないか、ということを一緒になって探っていけますから、こちらとしても貸しやすくなります。

Q.実際に店舗に来店した場合、審査から融資までどの程度の時間がかかりますか?

A.30分もかかりません。

ですが、先述したようなケースで審査が捗らない場合、その分時間は長引きます。

申込の際には、運転免許証等顔写真付きの本人確認のできる書類と、それ以外に本人確認の出来る書類(健康保険証等)、収入証明書、印鑑の、計4点が必要となります。

収入証明書が無くても申込が可能な消費者金融も最近では増加しましたが、E社では収入証明書は必須です。

 


sponserdlink誘導バナー


sponserdlink

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


関連サイト記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ