キャッシングの金利、利息、年率、利率、利子ってどういう意味?

キャッシングの利息の計算方法について解説させていただきます。

100,000円を借りたとして、金利が14%とすると、1年間借り入れた場合の利息を例として解説していきましょう。

100,000円×14%=14,000円

利息は元金(借り入れした金額)に金利を賭けて計算して導き出します。

上記の例では、元金は100,000円、金利が14%、ここから導き出される利息が14,000円となります。

返済にあたっては、元金の100,000円に利息の14,000円を加え、114,000円を支払うこととなります。

さて、金利及び利息、年率について紹介させていただきましたが、その他にも用語として利率、あるいは利子といった類似するワードが存在します。

これらはそれぞれどのような違いがあるのでしょうか?

 

ここで紹介させていただきますそれぞれのワードの詳細については、キャッシングにおける用途としての解説となりますから、辞書などで記載されている意味とは異なりますので、その点についてはご了承下さい。

まず、『金利』と『利息』についてです。

先述した通り、金利は利息の割合を示しており、%表記となります。

対して、利息とは、キャッシングする為の『レンタル料金』のことを表します。

『金利』と『利率』はほとんど同じ意味で使用されます。

金利イコール利率という認識で大丈夫です。

『利子』と『利息』、『年率』と『年利』についてもそれぞれ同等の意味を持つものとして扱われます。

キャッシング、ローンのコマーシャルや広告に目を向けてみると、金利について、『実質年率』というワードが使われている場合があります。

では、この実質年率の“実質”とは一体どういうものなのでしょうか。

利用者がキャッシングに申し込むに際しては、ご存知のこととは思いますが、審査に通らなければなりません。

この審査では、『あなたにお金を無担保で貸して、問題なく返済されるか』ということが審査します。

また、審査の過程にあって、調査及び書類の作成等、多くの費用がかかります。

この費用については当然利用者が負担して支払うこととなるのですが、それぞれにかかる費用、つまり諸経費を逐一計算して支払うということは非常に手間がかかります。

その為、予めこれらの諸経費を予め金利に含めて計算します。

これは法律によって定められているものとなります。

 


sponserdlink誘導バナー


sponserdlink

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


関連サイト記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ