起業はずいぶん前からブームになっています。

 

しかし、この起業には資本金が必要であることを忘れているという方は

意外と多いものです。

 

「たくさんの年収が欲しいから、起業してたくさんお金を貯めるぞ」

と考えている人も多いでしょう。

 

しかし、事業で儲けるよりも先に、

まずはこの資本金を貯める方法を考える必要があります。

 

「資本金は最初は1円でも法律上は起業できるんだから、

それほど心配することもないんじゃないか」

という方もいるかもしれませんが、しかし、それはあくまで「起業」ができる

というだけであって、満足な収益を上げる事ができるかどうかは別問題です。

 

起業をする場合、あまりに資本金が少ないと企業としての信頼度が低く、

金融機関から借り入れができないといったデメリットがあります。

 

つまり資本金が少ないと、銀行からの融資なども受けられない可能性があるのです。

 

株で大損

 

お金を稼ぐ方法として起業するのももちろんいいことですが、

先立つものがあってはじめて、起業じたいが可能になるのです。

 

しかし、起業の際にまずは資本金を集めようと考えても、

なかなかまとまった額は集まりません。

 

そんなときは、公的な補助制度や、また、

ビジネススクールの支援制度を活用してみるのはいかがでしょうか?

 

最大で一億円を投資してくれるビジネススクールがあるので、

起業したい人は受講してみることをおすすめします。

 

こういった制度を活用することで、起業がより、現実味を帯びてきます。

 

このような起業を支援しているビジネススクールなどでは、

起業のノウハウや経営の基本的な戦略、そしてその他にさまざまな起業の経営に

関するノウハウを学ぶことができます。

 

また、このようなスクールでは、高額の授業料や会費などをとられる、

というイメージを持っている方も多いでしょうが、

けっこう少額からも通えるところもありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

この一億円という資本金の数字ですが、起業の際には、

成功するかどうかのボーダーラインとなる金額です。

 

というのも、世の中の注目を集めている企業やヒット商品を生み出している企業の中には、

けっこうこの一億円前後の資本金を持っている企業が多いものです。

 

そのため、世間には「企業というのは一億円くらいの資本金がないとな」という、

一種の偏見のようなものがはびこっています。

 

つまり、逆に言えばこの金額を最初の段階で集めることができれば、

融資の申込や取引の申し込みも、スムーズに受け入れてもらえる可能性があるのです。

 

 

『億』を本気で稼ぎたい人はコチラ


 

コメントは受け付けていません。