人間関係の為に使うお金は自分に返ってくる

お金を使うということは、自分に対してだけ行うものではありません。
他人に使うお金も非常に重要です。
つまり、人間関係です。
そこで出費を削ってはいけないのです。

知り合う為にお金を使い、仲良くなる為にお金を使い、関係を改善する為にお金を使うことです。
人間関係がうまくいかなれければ、どんな仕事でも居心地が悪くなって苦痛となってしまいます。

人間関係に投資しなければ、何をしてもうまくいかなくなってしまいます。
人間関係の為にお金を使うことを、他人に使う、と先述しましたが、これは自分の為に投資していることと同じなのです。

人間関係を学ぶ為に、他人に対してお金を使うのです。
授業料と考えてください。

 

他人にお金を使うことで、自分にとってのメリットとして返ってきます。
人間関係が良好になることで、支払った授業料以上のものを得ることができます。
例えば、仕事に役立つ知識やコツを教授してもらったり、困ったときに相談に乗って貰って、力を貸してもらうことができます。
そうすることで仕事の回転率が上がり、またその質も向上して、自身のスキルの上達も加速します。
そうすることでどんどん仕事が楽しくなるのです。

仕事が楽しくなれば意欲や意識も高まって、キャリアアップに繋がり、給料が上がるのです。
人間関係にお金を投資することで、使えば使うほど、給料がアップするのです。

 

食費を削ってはいけない

節約はすればするほど良いのですが、人間関係の他にも投資を渋ってはいけないものが存在します。

それは『食費』です。

どれだけ節約しても、食費だけは絶対に削ってはいけません。
実際にやってみるとわかることなのですが、食事はすべてにおける基本エネルギーです。
体力や、健康などの身体的な面から、モチベーションや集中力など、人間が活動する上で一番大切な要素です。

食事は人の土台となります。
土台が貧弱ではその上に何を立てても崩れてしまうだけです。

 

仕事で言うなら、重大なミスに繋がります。
勉強で言うなら、勉強に集中することができなくなります。
表情が暗くなり、日々の生活に張り合いがなくなります。

そうすると、当たり前ですがストレスが溜まる原因となります。
ストレスが溜まってしまうと、そのストレスを発散する為に、趣味に必要以上のお金を使ったり、やけ食いなど、余計な出費が増えてしまいます。

節約するつもりで食費を削っても、結局余計にお金を使ってしまうということになってしまいます。
食事は人間の活力を生む一番重要なエネルギーですから、どれだけ節約をしたとしても、食費を削ることだけはやってはいけません。

朝昼晩と、食事は必ず摂らなければなりません。

 

『億』を本気で稼ぎたい人はコチラ


 

コメントは受け付けていません。