お金を稼ぐ秘訣は、相手(顧客)に利益を与えることです。
こちらが相手に利益を提供するからこそ、相手はあなたとの長く付き合いたいと願うのです。
相手の利益を奪い取るような人間関係であれば、相手はすぐさま離れてしまうでしょう。

では、利益とは一体何か。
一番手っ取り早いのは、相手の悩みや課題を解決することです。
これはサラリーマンの生活から、大きくは国家間における外交にも通じるものがあります。

例えば、今の上司と人間関係を良くしたいと考えるなら、その人の悩みを知ることです。
そうすることで、その人の悩みを解決する為の道筋を教えてあげればいいのです。
その相手が同僚や部下、友人や、家族などでもまったく同じことです。
そういった人間関係に対する姿勢を習慣づけることで、顧客に対する対応も自然と同じようにすることができるようになります。

 

1億円 当たった人

 

相手以上に相手のことを理解すること

相手の悩みを知って、どうすれば解決することができるのか、ということを真摯に考える姿勢は、自分を大きく成長させることにもなります。
それを営業というビジネスに持ち込んで考えてみれば、稼ぐ、ということです。

年収1億円以上稼ぐような人というのは、人間的にも非常に優れており、相手(顧客)に利益を与え続けることができる人なのです。
そして、相手に利益を与えることができる人というのは、相手のことをとても良く知っている人です。
相手のことを知らなければ、相手の悩みや課題もわかりません。
相手の悩みや課題がわからなければ、相手に利益を与えることはできません。

例として、主にマンションを取り扱う不動産を経営しているKさんは、35歳の若さで年収1億5千万円稼いでいます。
Kさんの実働時間は1日およそ3時間ほど。
なぜそんな短時間で高額の収入を得ることができるのでしょうか?

その理由の一つとしては、顧客名簿、また、アプローチとクロージングを分けた働き方にあります。

その要因の1つは顧客名簿です。
Kさんは顧客を医師に特化していて、その顧客名簿には5000人以上の医師が名を連ねているのです。
また、そのいずれもが富裕層の優良な医師です。
そのような医師は稼ぐ一方で、そのほとんどは多くの悩みや課題を抱えているのです。
例えば、相続対策や、節税対策の他、賃貸収入といった別収入の確保など、相手の悩みを知り、その悩みに最も適したものを用意するのです。
悩みや課題を、不動産を購入することで解決することができる、ということを知っているのです。

 

 

『億』を本気で稼ぎたい人はコチラ


 

コメントは受け付けていません。