時間を節約することができる商品・サービス

 

時間はお金に比べて軽んじられる傾向があります。

というのも、時間は誰しもはじめから持っているもので、見ることも触れることもできない上、なんの努力をせずとも手にしているものですから、その価値の高さを実感し難いのです。

ですが、『お金』と『時間』を天秤にかけた時、価値が有るのはどちらかというと、ぶっちぎりで後者です。

お金は後からいくらでも取り返すことができますが、失った時間は二度と戻ってきません。

時間を節約する、時間を設けることはできますが、時間を増やすことはできません。

一人ひとりがもっている時間は今この時しかないのです。

時間ほど価値が高く貴重な資源は他に存在しません。

ですから、時間を節約することができる、時間を作ることのできる商品・サービスはどれも非常に価値のあるものなのです。

その節約がたった一度限りのものではなく、継続的に時間を節約することができるものであれば、よりいっそう優れた商品であると言えます。

時間を節約するということはお金をいくら稼ぐよりも重要なことなのです。

多少値段が高かったとしても、それがあなたの時間を節約することができる商品であれば買って間違いないものなのです。

時間には限りがあります。

現代においては、多くの技術が進歩したことによって、以前はできなかったような様々な時間の節約方法が開発されています。

現代に生きる人は、昔を生きた人よりも数倍、数十倍時間を節約し、有意義に時間を使うことができるのですから、これを使わない手はないのです。

商品を買うことで時間が節約することができるのであれば、どんどん買っても良いのです。

節約した時間で勉強したり、仕事を進めても良いですし、休んでも構いませんし、趣味に費やすのも良いでしょう。

 

軌道に乗るまで、リスクを分散する危険性はかえって高い

 

まず、リスクを分散することはどういうことかと言うと、複数の収入源を確保して万が一に備えるということです。

例えば、サラリーマンであればダブルワークで本業がままならなかった場合に備えたり、経営者であれば、経営を多角化することで複数の収入源を設けるなどといった方法が存在します。

収入源が一つだけしか存在しない場合、それが絶たれた際は一気に収入は無くなってしまいます。

その為、万が一の事態に備えてリスクの分散を図る人は少なくありません。

また、このリスク分散は任意のものですから、本業に集中することである種のリスクを下げることを目指すといった人もいます。

ただし、このリスクを分散するにあたっては、それをスタートする時期が肝心となります。

本業が軌道にも乗っていない内からリスク分散を行ってしまうと、本業が疎かになってしまうことで上手くいかず、結果としてどちらもままならいまま共倒れしてしまう、といったことになる危険性を孕んでいるのです。

リスク分散は気持ち的な安心の面でも非常に有効ですが、それを行うにはまず本業を軌道に乗せる必要性があります。

リスク分散のタイミングは、見誤るとかえって危険性を高めることになってしまうのです。

 

 

『億』を本気で稼ぎたい人はコチラ


 

コメントは受け付けていません。