多くの人が「一億円くらい稼ぐ方法があったらなあ」と、製剤的には、

一攫千金のチャンスが欲しいと狙っているのではないでしょうか?

 

あるいは、年収が一億円あったらいいのに、

と妄想を抱いた事がある人もおおいでしょう。

 

しかし、現実にはそのようなチャンスに恵まれる人はほとんどいません。

 

ではわれわれが一億円を貯める方法というのは存在しないのでしょうか?

 

実際にお金持ちである人々の行動や、経歴などを参考にすることで、

そのヒントが得られるかもしれません。

 

お金持ちは、そもそもなぜお金持ちになれたのでしょうか。

 

お金持ちになりたい

 

実はお金持ちは楽観的な人が多いのだとか。

 

この楽観的とうのは、別に彼らがお金持ちになったから楽観的、

というわけではありません。

 

むしろ、「楽観主義者だからお金持ちになった」というのが真実に近いようです。

 

この楽観主義というのは、

主に彼らが彼らの顧客と渡り合うときにも力を発揮してくれ、

絶えず笑顔でいることで、顧客に信頼され、

そして、お金を引き寄せることができるのだそうです。

 

その他に、お金持ちになる人の特徴には、どのようなものがあるでしょうか?

 

たとえば「人の話をしっかり聴く」というのがあります。

 

「それだったら自分だってやっている」と考える人もいるでしょう。

 

しかし、本当にお金持ちになる人の「人の話を聴く態度」というのは、

生半可ではありません。

 

世の中には、ただ自説をきいて欲しい人、

そして、知識をひけらかすことで優越感を得たい人というのが少なからずいます。

 

多くの人がこのような人を相手にしないか、

あるいは聴いているフリをするにとどめていますが、しかし、お金持ちになる人は、

このような人の話にも耳を傾け、熱心に聞く人も多いようです。

 

ただ、彼ら自身はどうなのかといえば、驚くほど自慢話をしません。

 

お金持ちになった後も、そのことをひけらかしたりはしないのです。

 

むしろ、自分がお金を持っていることを隠そうとさえします。

 

なぜかといえば、そのように自慢話をすることが、人の反感を買い、

お金を遠ざけることを彼らは知っているのです。

 

高学歴だからお金持ちとも限りません。

 

ある調査によって、学歴と年収には、目立った相関関係はないということがわかっています。

 

むしろ、普通やそれ以下のレベルの学校を出て、苦労してのし上がって来た人も多いのです。

 

このような人だからこそ、相当な財産を貯めることができたのです。

 

ちょっとしたことに気を付けて、

チャンスを見逃さなければお金持ちになって一億円を稼げるでしょう。

 

 

『億』を本気で稼ぎたい人はコチラ


 

コメントは受け付けていません。